マーベロン,トリキュラー,ルナベル,ヤーズ,ダイアン35などおすすめ低用量ピルの紹介

ダイアン35の飲み方

初めてダイアン35を服用する場合、生理第1日目から飲み始め、毎日決まった時間に1錠ずつ21日間飲みます。
22日目から7日間は休止期間となり、何も飲みません。
服用をお休みする期間が終了する29日目から、新しいシートを開封します。
薬をやめるまではずっとこの繰り返しです。

 

基本的には生理周期を待ち周期初日から服用するのが理想ですが、生理初日から5日以内に飲めばよいとされています。
初日から飲み始めた場合は即日から避妊効果があり、それ以降5日以内に飲み始めた場合には、7日以降から効果が始まりますので注意してください。

 

飲み忘れた時は、1日以内の場合、思い出したときすぐに服用し、さらにその日の分も通常通り服用します。
2日以上連続して飲み忘れた場合は、その周期の服用は中止とし、次の月経を待って新しいシートで服用を開始してください。
またその間は、他の避妊法を用いてください。

 

ダイアン35は避妊効果もありますが、ニキビ治療目的に服用する人が多いと思います。
飲み忘れた場合も、ニキビ目的であれば、それほど神経質にならずに、2日以上飲み忘れても、気づいた時点でまた毎日1錠ずつ飲んでいいと思います。
避妊目的の場合はNGです。

 

男性の女性化

ダイアン35を女性化の目的で服用する男性が多いようです。
通常1日に2錠〜3錠の服用から始めてみましょう。
多い人は8時間ごとに3錠ずつ服用するようですが、あまり量を飲みすぎるのもお勧めできません。

 

1日に2錠〜3錠でも効果はありますので、3週間連続服用して7日間休止期間というような飲み方で継続してみましょう。

 

ダイアン35の副作用

飲み始めて1〜2周期の間に吐き気、腹痛、体重増加、頭痛、気分の落ち込み、乳房の張り・痛み、生理以外の出血などのマイナートラブルがあらわれることがあります。
通常徐々になくなりますが、症状がひどい場合やおかしいと思った場合は医師相談してください。

 

稀に、血栓症が現れる場合があります。
足の腫れやしびれ・痛み、突然息苦しくなる、胸痛、激しい頭痛、四肢の脱力・麻痺、突然の視力障害、舌のもつれ等の症状が現れた場合には服用を中止し、ただちに受診してください。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察を受けてください。

 

ダイアン35の個人輸入通販

▼病院で処方してもらうより格安で購入できるこちらから▼
ダイアン(Diane-35)

 

[ダイアンジェネリック]ローラー35(Laura-35)