マーシロン,トリキュラー,ルナベル,ヤーズ,ダイアン35などおすすめ低用量ピルの紹介

マーシロンの副作用

超低用量ピルであるマーシロンはマーベロンより副作用が少ないといわれています。
しかし、やはりマーシロンでも不快な症状があらわれる人もいるようです。

 

エストロゲン作用として、乳房が痛む、吐き気、頭痛、不正出血(生理時以外に出血がある)があります。
アンドロゲン作用として、にきび、多毛、体重増加があります。
他には、腹痛、下痢などの症状が現れる場合があります。

 

低用量ピルの重篤な副作用といえば血栓症です。
マーシロンも同様に血栓症があらわれる場合もあります。
主な自覚症状として、ふくらはぎの痛み・腫れ、手足のしびれ、鋭い胸の痛み、突然の息切れ、押しつぶされるような胸の痛み、激しい頭痛、脱力・まひ、めまい、失神、目のかすみ、舌のもつれ、しゃべりにくいなどがあります。
主な自覚症状のうち、いくつかの症状が同じような時期にあらわれることが一般的です。
このような場合には、ただちに医師または薬剤師に相談してください。

 

マーシロンの飲み合わせ

オムビタスビル水和物
パリタプレビル水和物
リトナビル配合剤「ヴィキラックス」
この薬はC型慢性肝炎などの治療に使う薬で、併用するとALT(GPT)の値が上昇するためマーシロンとの併用は禁忌となっています。

 

以下の薬を服用している場合は併用注意となり、マーシロン服用前に必ず医師への相談が必要となります。

 

副腎皮質ホルモン(プレドニゾロン等)
テオフィリン(チザニジン塩酸塩)
リファンピシン(バルビツール酸系製剤 等)
テトラサイクリン系抗生物質(テトラサイクリン等)
テルビナフィン塩酸塩
Gn-RH誘導体(ブセレリン酢酸塩等)
血糖降下剤(インスリン製剤)
ラモトリギン(モルヒネ 等)
テラプレビル
HIVプロテアーゼ阻害剤(ネルフィナビルメシル酸塩 等)
HIVプロテアーゼ阻害剤(アタザナビル 等)
非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤(エトラビリン)
フルコナゾール
ボリコナゾール
アセトアミノフェン
セイヨウオトギリソウ(St.John’s Wort,セント・ジョーンズ・ワート)含有食品

 

その他の注意事項

  • この薬を飲んでいる間は禁煙してください。
  • 1年に1回以上、婦人科検査が必要です。
  • 1年に1 回、子宮頸がん検診を受けてください。
  • この薬を飲んでいる間は、乳がんの自己検診をするようにしてください。
  • 長期間にわたって不正性器出血が続く場合は、医師に相談してください。
  • 妊娠が疑われる場合には使用を中止してください。

 

マーシロン21・28の個人輸入通販

▼病院で処方してもらうより格安で購入できるこちらから▼

 

マーシロン21(Mercilon21)

 

マーシロン28(Mercilon28)

 

マーシロンのジェネリック商品

ミニー21(Minny21)

 

ミニー28(Minny28)

 

マーシロン21のジェネリックで1箱63錠入りです
[マーシロンジェネリック]エチニルエストラジオール0.02mg/デソゲストレル0.15mg・Mylan社製