プレマリン,トリキュラー,ルナベル,ヤーズ,ダイアン35などおすすめ低用量ピルの紹介

プレマリンの飲み方

プレマリンの飲みは、その目的によって飲み方が若干違います。
基本的には、結合型エストロゲンとして、1日0.625〜1.25mgを経口投与するとありますので、
プレマリンは1錠0.625mgになり、毎日1錠から2錠服用することになります。

 

更年期障害では黄体ホルモン薬との併用が原則です。
周期的投与法など変則的になることがあるので、正しく飲んでください。

 

この薬を飲むときは、コップ1杯程度の水またはぬるま湯で飲んでください。

 

卵巣機能不全症
1日1錠〜2錠 服用
機能性子宮出血
1日1錠〜6錠 服用

 

更年期障害

閉経して5年以上経ち出血を望まない方
エストロゲン剤(プレマリン錠)とプロゲステロン剤(プロベラ錠・マレフェMTFなど)を連続して服用します。
はじめの頃は不正出血があったりしますが、服用を続けているとやがて出血はなくなります。

 

閉経後5年以内か、出血があってもよい方
エストロゲン剤(プレマリン錠)の連続服用にプロゲステン剤(プロベラ錠・マレフェMTFなど)の周期的な服用を付け加えます。
プレマリン錠(0.625mg)1錠を21日間連続服用し、7日間休みます。
プロベラ錠(5mg)1錠またはマレフェMTF1/2錠をプレマリン服用12日目から10日間一緒に服用し、7日間休みます。
お薬を飲み終えると出血があります。

 

ジェネリック商品を服用する場合は、1錠あたりの量に注意してください。
プロベラ錠のジェネリック商品は10mgなので、半分にカットして5mgにします。
また海外製プロベラは5mgなので1錠服用になります。

 

不妊治療

カウフマン療法を行います。
カウフマン療法中は、内服によるホルモンの作用により視床下部―下垂体系(卵巣に命令を出す器官)の機能は抑制されますので、視床下部―下垂体系と卵巣はその間休息することになります。
しかし、カウフマン療法中止後、リバウンド現象により無排卵であったケースでも排卵が期待できることもあります。

 

カウフマン療法は次のような場合に行われます。
第1度無月経(軽度〜中等度の排卵障害)
しばしば繰り返す不正性器出血
子宮発育不全
卵巣性無月経
早発卵巣不全(早発閉経)
体重減少性無月経
体外受精・胚移植前のコンディション作り

 

通常は3周期行った後3カ月の休みを置き反応をみます。
必要があれば更に3周期行うというような方法をとります。

 

カウフマン療法の処方
プレマリン(0.625mg)1錠×25日(毎月1日〜25日)
プロベラ錠5mg分×12日分(毎月14日〜25日)

 

プレマリン(0.625mg)1錠×25日(月経の5日目から開始)
プロベラ錠5mg分×12日分(月経の18日目から開始)

 

プレマリン(0.625mg)1錠×30日(毎月1日〜30日)
プロベラ錠5mg分×12日分(毎月1日〜12日)

 

プレマリン(0.625mg)1錠×30日(毎月1日〜30日)
プロベラ錠5mg分×12日分(月経の18日目から12日間)

 

カウフマン療法は医師の処方に従ってください。

 

 

プレマリンの個人輸入通販

▼病院で処方してもらうより格安で購入できるこちらから▼

 

プレマリン(PREMARIN)アイルランド版 0.625mg

 

▼こちらはジェネリック商品▼
プレモン 0.625mg

 

エストロモン(Estromon)0.625mg

 

プロベラ錠の個人輸入通販

プロベラ(Provera)5mg

 

★プロベラ錠のジェネリック商品
プロベラジェネリック(Meprate)10mg

 

マレフェMTF10mg(MalefeMTF)