プレマリン,トリキュラー,ルナベル,ヤーズ,ダイアン35などおすすめ低用量ピルの紹介

プレマリンの副作用

プレマリンは効果が安定しており、安価なため使いやすいピルですが、経口薬なので最初に肝臓で代謝され、この時、中性脂肪を増加させたり、血液の凝固系を亢進させ、長年の使用により、血栓症のリスクを高めるという欠点があります。

 

一般的な副作用として、、発疹、じんましん、血管浮腫などが報告されています。
これらの症状があらわれたら、担当医に相談してください。

 

また、足の痛み・むくみ、突然の呼吸困難、急に物が見えにくくなるなど血栓症の初期症状と思われるものがあらわれた場合は、すぐに服用を中止して、病院へ行きましょう。

 

プレマリンの飲み合わせ

糖尿病の薬との併用は、医師の指示に従ってください。
また、黄体ホルモン薬との併用も医師の指示に従ってください。

 

ビタミンC含有野菜・果物などと一緒に服用すると、血中エストロゲン濃度上昇し、消化管においてエストロゲンの代謝初回通過効果を低下させ、薬の副作用が出やすくなる経口があります。

 

プレマリンの個人輸入通販

▼病院で処方してもらうより格安で購入できるこちらから▼

 

プレマリン(PREMARIN)アイルランド版 0.625mg

 

▼こちらはジェネリック商品▼
プレモン 0.625mg

 

エストロモン(Estromon)0.625mg