マーベロン,トリキュラー,ルナベル,ヤーズ,ダイアン35などおすすめ低用量ピルの紹介

トリキュラーの副作用

低用量ピルの飲み始めはトリキュラーに限らず、不正出血、吐き気、頭痛、乳房の張り、乳房痛、倦怠感、下痢、腹痛などがあらわれることがあり、1〜2週間服用し続ければほとんど治まってしまうのであまり心配することはありません。

 

女性の体はホルモンバランスの影響をとても受けやすくできています。
低用量ピルは一時的にホルモンバランスを妊娠中に近い状態に変化させて、避妊を可能にします。
そのため、吐き気や胸のはりといった妊娠中に起きるマイナートラブルと似た副作用が起こりやすくなります。

 

ホルモンバランスはトリキュラーを使い続けると安定するため、吐き気や胸のはりなどが起きても一時的なものです。
乱れたホルモンのバランスが安定すれば、吐き気などの副作用は自然と解消されていきます。
そのため、仮に副作用が認められた場合も、服用を継続されるケースが多くなっています。

 

トリキュラーは第2世代と呼ばれる種類で、黄体ホルモン製剤はレボノルゲストレルが使われています。
このレボノルゲストレルは黄体ホルモンの作用が強く出ることが特徴として挙げられるのですが、黄体ホルモンの作用を最小限に抑えるために、トリキュラーは3相性という3段階にホルモンの配合量を調整する方法をとっています。
このように女性ホルモンの量を調整することで、黄体ホルモンが極端に優位になり過ぎないよう、女性の体に負担がかかりにくくなっています。
とはいえ、トリキュラー(ジェネリック商品のアンジュ)を飲んで太ったという女性もいるようですが、個人差がありますので全ての人が太るわけではありません。

 

低用量ピルの重篤な副作用といえば血栓症です。
主な自覚症状として、ふくらはぎの痛み・腫れ、手足のしびれ、鋭い胸の痛み、突然の息切れ、押しつぶされるような胸の痛み、激しい頭痛、脱力・まひ、めまい、失神、目のかすみ、舌のもつれ、しゃべりにくいなどがあります。
主な自覚症状のうち、いくつかの症状が同じような時期にあらわれることが一般的です。
このような場合には、ただちに医師または薬剤師に相談してください。

 

トリキュラーの飲み合わせ

オムビタスビル水和物
パリタプレビル水和物
リトナビル配合剤「ヴィキラックス」
この薬はC型慢性肝炎などの治療に使う薬で、併用するとALT(GPT)の値が上昇するためトリキュラーとの併用は禁忌となっています。

 

以下の薬を服用している場合は併用注意となり、トリキュラー服用前に必ず医師への相談が必要となります。

 

副腎皮質ホルモン(プレドニゾロン等)
テオフィリン(チザニジン塩酸塩)
リファンピシン(バルビツール酸系製剤 等)
テトラサイクリン系抗生物質(テトラサイクリン等)
テルビナフィン塩酸塩
Gn-RH誘導体(ブセレリン酢酸塩等)
血糖降下剤(インスリン製剤)
ラモトリギン(モルヒネ 等)
テラプレビル
HIVプロテアーゼ阻害剤(ネルフィナビルメシル酸塩 等)
HIVプロテアーゼ阻害剤(アタザナビル 等)
非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤(エトラビリン)
フルコナゾール
ボリコナゾール
アセトアミノフェン
セイヨウオトギリソウ(St.John’s Wort,セント・ジョーンズ・ワート)含有食品

 

その他の注意事項

  • この薬を飲んでいる間は禁煙してください。
  • 1年に1回以上、婦人科検査が必要です。
  • 1年に1 回、子宮頸がん検診を受けてください。
  • この薬を飲んでいる間は、乳がんの自己検診をするようにしてください。
  • 長期間にわたって不正性器出血が続く場合は、医師に相談してください。
  • 妊娠が疑われる場合には使用を中止してください。

 

トリキュラーED(28)の個人輸入通販

▼病院で処方してもらうより格安で購入できるこちらから▼

 

トリキュラーED(TriquilarED)